読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとうさん

 

 

たぶん6年ぶりにおとうさんに会った。

メールで指定されたカフェに行ったが、

待ち合わせですか?と店員さんに聞かれて、あの人です。とすぐには答えられなかった。

 

思ったより見た目は老けていて、最初、自分の思っていたおとうさんと違っていたので驚いた。白髪混じりの髪の毛はそこまで散っていなかったのでハゲの遺伝子ではないことには安心。

 

向こうも自分の娘が思っていたのとは違ったみたいで、最初は娘だって認知するのに一瞬戸惑っていたみたいだ。

お互い、親子関係にあったとしても六年分の娘の成長についていけない老いぼれと、まぁまぁ成長した19の娘はぎこちなくて、気持ち悪い空気に沈黙しないよう必死に話題探しをしたけれど、

なんで私がそもそも父親に会おうなんて思ったのか分からない、、、

男の人が気持ち悪くて嫌いなのは、父親という人間の存在の有無と、私の実際の父親の狡い性格の影響とか色々重なって出来上がったはずかのに、、、???

今の自分なら心にゆとりがあって、まともに話をできる自信があったはずなのに、実際は違った、、

 

お金ください、なんて言ってもいないのにお小遣いを最初に渡された

なんだかこれでは、私がせびったみたいじゃないか、誕生日も覚えていないくせに!と言いたかったが、、

貯金しておきますー、なんて適当な事言って頂戴した。

お前養育費払ってないもんな!まぁ、足りないけど足しにします!!!

 

 

 

身長高いと思っていたけれど、163cmになった今、そこまで大きく見えなかった。

小さい時はあんなに大きく見えていたのにね、、

 

178cmで一級建築士で自分で事務所設立なんて、肩書きだけ書けばご立派かもしれないが、私の目の前に座っているのは、あまり生気がしない気味の悪いおじさんだ

終始、嫌悪感しかなかった

 

 

小学生より酷い文章で大変申し訳ないが、一応、会った事を回顧録として残しておく。。。

 

 

もう他人だった、

目の前のセッター吸ってるおじさんは他人だ、

多分、私の想像の中の父親は死んでしまった

 

そう思うと都合がよろしい、。

 

ちなみに娘もあまり出来がよろしく無いので、おじさんとしても娘は居ないもの同然だと思えばいい、それは伝えて帰ろうか迷ったけど言わずに、

病院混むから先に行くね

と、適当な嘘で店を出た。

 

 

 

雑で乱文すぎるけど、

めでたしめでたし!!

 

後日、

小さい頃は食べていた?

こんぺいとうをもらって食べていたら、

歯の詰め物が欠けた!

のでこれは捨てることにした。
f:id:ru_ru_ur:20161215214221j:image